毎日ぐっすりと眠るために…

アルコールは睡眠を妨害する

少量のアルコールは、脳内で興奮系の神経伝達物質であるグルタミン酸の分泌を減少させ、抑制系の神経伝達物質ギャバの受容体を刺激するので睡眠へと誘います。
しかし過剰摂取は質の悪い睡眠の原因です。
通常寝ている間は尿が作られないように働くホルモンが分泌されますが、アルコールはこのホルモンの働きを阻害するので、トイレに行くために目が覚めます。
また舌の筋肉を麻痺させるため。
仰向けで寝ると舌が喉に落ちます。
一方で鼻の血行が良いため、粘膜が腫れて鼻が詰まった状態になると、鼻から喉の通り道が狭くなるので、空気が行き来しにくくいびきをかきます。
いびきをかくと、体に酸素を十分に取り込めないので、睡眠が浅くなって寝た時間の割りに疲れが取れないことが増えます。
睡眠を妨げないためには、寝つく時に血中濃度をゼロにするのが良いです。
体重が60kgの人は就寝3時間までに日本酒1合、ワインならグラス2杯、ビールなら大瓶1本が目安です。

睡眠とアルコールの関係について

「お酒を飲むと眠くなる」「飲んだ帰り道、タクシーの中で眠ってしまった」など、お酒が眠りを誘うことは多くの人が感じている事実です。
また寝る前にお酒を飲む「寝酒」を習慣にしている人も多くいます。
それではアルコールを飲んで寝る事は良い睡眠に繋がるのでしょうか。
アルコールには脳を興奮させる作用のあるグルタミン酸の働きを抑え、興奮を鎮めるギャバの受容体を刺激する作用があります。
この作用によって、お酒を飲む事で良く眠れると考えられ、寝酒の習慣が広く好まれていると言えます。
しかし催眠効果が得られるのはあくまでも少量のお酒を飲んだ場合です。
寝つきのためにほんの一口お酒を飲むのは良いのですが、多量のお酒を飲んだ場合は逆に睡眠を妨げてしまいます。
多くのお酒を飲むと、アルコール分解時に発生するアセトアルデヒドの影響で深い眠りが妨げられ、浅い眠りが続くため睡眠の質が落ちます。
またそれに加えて利尿作用があるため、夜中や早朝に起きてしまうことになり、安眠を妨げます。
良質な睡眠のためには寝る前の飲酒は控えた方が良さそうです。

Valuable information

最終更新日:2017/6/15

Copyright 2015 良い睡眠をとるために All Rights Reserved.