毎日ぐっすりと眠るために…

睡眠には明るさが大切

良質な睡眠を行うためには、部屋の明るさにこだわる必要があります。
睡眠に必要なホルモンは、明るい場所にいると分泌が抑制されます。
そのため、深い眠りを行うためには、就寝前の習慣が重要になります。
眠るためのホルモンであるメラトニンは、強い光を浴びてしまうと、分泌が阻害され、眠りにつくことができなくなります。
なので就寝前に強い光を浴びる習慣をやめることが必要です。
強い光を発生するのは、テレビやスマートフォンの電子機器です。
これらは画面から発せられる光が強いために、睡眠の質を低下させてしまう要因となります。
なので就寝前はこれらの電子機器の操作を控え、本を読むなどの画面を見ない行動をすることが大切です。
また部屋の明るさを調節することも大切です。
LEDライトは強い光であるために、就寝直前までLEDをつけておくことは好ましくありません。
質の高い睡眠を行うためには、間接照明に切り替え、暖色の中で過ごす必要があります。

睡眠時は明るさに注意

睡眠は疲労回復のために最も大切な事であり、睡眠不足から思わぬ不調を招く事がよくあります。
多くの人が健康な身体を保つために、起きている時の生活習慣に注目してしまいがちですが、眠るという事は生活習慣の一部としてその質が非常に大きく身体に影響します。
また睡眠は時間だけではなく質も重要になってきます。
よく浅い眠りとか深い眠りと言いますが、浅い眠りばかりが続くとその分疲労回復の速度が遅くなり、結果的に不健康な状態になります。
眠っている間には副交感神経が働いて身体の老廃物を外に出すための準備をします。
また筋肉を中心に溜まる乳酸などもこの副交感神経の働きによって除去していきます。
副交感神経は深く眠りにつくほど働きが活発になるので、しっかり眠る事が大切だというわけです。
深い眠りには明るさがポイントで、出来る限り部屋を暗くして目に光が入らないようにしましょう。
朝の光を浴びて自然に目覚めていくのが質の睡眠サイクルと言えます。

Last update:2016/2/9

Copyright 2015 良い睡眠をとるために All Rights Reserved.