毎日ぐっすりと眠るために…

質のよい睡眠で健康に

睡眠は人間の三大欲求のひとつともいわれていますが、健康管理をする上でとっても重要なものです。
寝る時間がバラバラだったり、しっかりと眠ることができないと、病気になりやすかったり、集中力の低下につながります。
また、生活習慣病を引き起こす可能性もあります。
人間のからだは、寝ている間に免疫力を高めることができるといわれています。
また、成長ホルモンの分泌は寝てから3時間後にもっとも多く分泌されるということがわかってきました。
質のよい睡眠をしっかりととることで、健康的な生活を送ることができるのです。
成長ホルモンは、こどもの身長が伸びたり、筋肉をつくるのに必要なホルモンだと思われがちですが、おとなにとっても、ホルモンバランスを整える上でとても重要なホルモンです。
人間はレム睡眠とよばれる浅い眠りと、ノンレム睡眠とよばれる深い睡眠を交互にくりかえしています。
これは90分でひとサイクルといわれており、浅くなっているときには脳が動いているために夢をみます。
眠りが浅くなったときに目覚めると、気持ちよい目覚めができるため、寝る時間から計算して90分の倍数の時間で起きるとすっきり起きられます。
日中どうしても眠いときには15分ほど眠ると、夜の1時間と同じ質を得られるといわれています。

睡眠をとろうとすると

人間睡眠をとらないと体が動きません。
頭も働きませんし、元気がなくなります。
イライラしてきて外へ出るのもおっくうになってきます。
眠ろうと布団に入ると、スムーズに眠れません。
一度考え事をしてしまうと、ずっと頭の中は、考え事ばかりで、目が開いてしまいます。
眠ろうと頑張っていても眠れません。
この症状が続くことを、不眠症と言います。
不眠症は心の病気でもあって、悩み事があり時など、このような症状になります。
不眠症は、眠るために頑張ります。
しかし、眠ることができず、結局、朝方まで起きているのです。
日が昇り始めると睡魔が、やってきて、眠ることができるます。
昼夜、逆の生活になるため、外出することも、おっくうで、人との接触も少なくっていきます。
この状態が続くと、うつ病を発症してしまいます。
また、逆にうつ病からの不眠症も考えられます。
睡眠をとらないと気分か落ち着かず、落ち込んだり元気だったりと、情緒不安定になります。
食事を毎日摂るように睡眠もとらなくてはいけません。
不眠症は、心の病が隠れている場合があるので、ひどくなる前に受診する必要があります。
医師に処方された薬を飲み、日に当たり、元気な生活をしたいものです。

おすすめWEBサイト 8選

一人暮らし用やファミリーまで、多様なお客様の需要にお応えします。

博多 賃貸

Last update:2017/3/16

Copyright 2015 良い睡眠をとるために All Rights Reserved.